プリントTシャツの加工種類

シルクプリント

シルクプリントは、プリントTシャツ作成でよく用いられる方法です。多彩なインクカラー、耐久性、プロ仕様の美しい仕上がり、といった特長があります。また、シルクプリントには、ラメプリントや金・銀プリント、箔押しプリントや発泡プリントなどのオプションをつけることもできます。オプションをつけることで、高級感やキラキラ感、立体感のある仕上がりにすることもできます。シルクプリントは、大量にプリントすると料金が安いので、クラスTシャツやサークルTシャツなどにおすすめです。

デジタル転写

デジタル転写は、特殊なシートにデザインを印刷した後、本体に高温プレスして転写する方法です。フルカラーが使えるので、写真や特殊なデザイン、複雑な模様やグラデーションなども鮮やかに仕上げることができます。インクでは再現しにくい表現に向いています。製版が不要なので、少数でも大量枚数でも料金は変わりません。

刺繍

刺繍は、様々な糸を用いて生地の表面にデザインを縫い表していきます。刺繍は立体感やボリューム感があるのが特徴で、縫った糸の艶が高級感も演出します。絵や模様だけでなく、個人名や社名も刺繍できます。また、刺繍は色落ちしにくく耐久性にも優れているので、ユニフォームなどでよく用いられます。

カッティングシート

カッティングシートは、チームユニフォームのネームや背番号入れによく用いられる方法です。あらかじめ用意してあるカラーシートをデザイン柄に沿ってカットし、本体に高温プレスする方法です。

昇華プリント

昇華プリントは、まず、昇華インクを使い転写紙という特殊な紙にデザインをプリントします。次に、デザインした紙を生地の上にのせ高温の熱をかけます。そうすると、インクが気化して繊維に色が浸透するのですが、浸透することで表面には印刷した違和感が全く残らず、風合いが柔らかくなります。細かいインクが繊維に染みこむので、写真の場合でも綺麗に印刷できます。

クラスやチームなどで着用するプリントTシャツの作成をお考えの方は、当店をご利用ください。当店では、シルクプリントをはじめ、インクジェットや転写プリント、刺繍などにも対応しております。プリントTシャツの加工方法についての疑問は即日対応いたしますので、お気軽にご相談ください。